--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/15/2008    ハンドル配線
チビチビと進めているハンドル周りですが、
配線をまだキレイにしていなかったわけです・・・↓
0.75sqの電線を配線してて、しかも純正とはだいぶ色が違うので、
自分しか分からない(まぁ自分が分かればイイんだけど)配線になっていました。


imgddace85bzik8zj[1]



それを・・・↓
0.5sqの電線でこじんまりとキレイにしました。
またまたポリオレフィン製の熱収縮チューブで配線をまとめました。
電線は全て、純正色を取り寄せて、配線図通りに。

img199a27cezik1zj[1]


前々から↓のように
*ホーン
*ヘッドライトHI-LOWの切り替え
*セル
*ウィンカー
というふうにミニスイッチ化していたのですが、
スイッチと電線のハンダ付けが下手だったり、
スイッチを取り付ける為にハンドルバーに開けた穴が少し小さくて
スイッチに干渉していたので、ハンドルーターでちょっと穴を広げたり・・・
自分にしか分からない小変更をば。
別に問題なかったのでそのままでも良かったんですけど、
どうせするんだったらということで全部やり直しました。

※ウィンカーとHI-LOWのトグルスイッチに濡れるとダメなので
防水用のラバーをつけているんですが、
使用頻度の高さから、ウィンカースイッチのラバーはすぐに破けてしまいます。
なので、個人的な拘りですが、ラバーの上から収縮チューブをかぶせています。
これだけでラバー破けはだいぶ避けられます。

imgde74a25czikbzj[1]




↓今回の作業の目玉。
メーターステーについていたインジケーターをハンドルバーへ移設。
帽子型LEDとCRD(LED一個当たり2個)を使って、
12VでもLEDを使えるようにしています。
市販の車用のLEDとか買えばいちいちCRD使ったりせんでも加工済みで
売ってるんでしょうけど、色が赤・黄・緑・青の4色が揃っていなかったり、
見た目がいまいちだったりして、満足いくものが無かったので
自作しました。

アルミ板をカットして、ドリルで穴開け、リンクルブラックで塗装。
ハンドルバー側はドリルで穴あけ、トラスネジを留める穴にはM3のタップをたてました。
また、LEDがはまる穴は丸穴だと、配線を中通しする時に
スペース的に問題があるので、穴を横長につながるように、
ハンドルーターで研削して穴をつなげました。
※ハンドルーターにはチタンコーティングしたハイス鋼の刃を使っているので、
ものの10分ほどで作業完了。

imga639fc20zik8zj[1]



0.75sqから0.5sqになって全体的な配線も細くなるだろうとふんでいましたが、
インジケーターで電線の本数が増えたので、OUTPUT側の穴は
今まで配線を通していた穴だけではスペース的に足らず、
新たにもう一個穴開けて、同様に穴にゴムブッシュをつけました。

img5526b63dzikazj[1]




なかなかキレイに出来たと自己満足。
取り付けが楽しみ楽しみ!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://letsridex90.blog39.fc2.com/tb.php/10-98185958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。